top of page

併修(へいしゅう)について

更新日:2月25日




併修とは、複数人のご先祖さんの法事を一度にまとめて行う事を言います。


法要を行う日は、あとに亡くなった故人のご命日にあわせ、ご命日の前に行うのが通例です。三回忌までは、なるべく併修は避けお一人のみで行う方が望ましいと言われます。とはいえ様々な環境や状況がありますので、その時の最適解を考えてみてください。


 また、お年忌を行う年が1、2年前でも併修で行う事も増えてきました。というのも、ご親戚の方に何度も何度も来ていただくのも申し訳ないという背景があるようです。





【事例】
今年は父の7回忌の年。
来年は祖父の33回忌を迎え、再来年は祖母の23回忌を迎えます。
どうしたらいいでしょう?

①今年は父の7回忌を行い、翌年に祖父の33回忌と祖母の23回忌を一緒に行う

②父の7回忌に合わせて、祖父の33回忌、祖母の23回忌を併修にて行う

①の方が丁寧ですが②が悪いわけではありません





閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


カテゴリー
​タグ
まだタグはありません。
アーカイブ
bottom of page