死の体験旅行® (SBS学苑藤枝校にて)

更新日:9月6日




死を通して、自分の大切なものを考える。


「死」を追体験しながら、自分自身の大切なものを探っていく講座です。



私たちは普段「明日がある」と疑わずに生きています。でももし目の前に「死」が現れ、それが一歩ずつ近づいてきたとしたらどうでしょう。


普段は考えたくもないことですが、でも生まれたからには「死」は必ずやってくる。

だからこそ、「死」を必要以上に、悲惨なことと捉えたり、不幸なことと捉えたり、恐れたりする必要は本来はなく、むしろ、「死」に対する学びを深めることで「生」の価値を見いだすことができるのではないでしょうか?


このワークショップは元々欧米のホスピスで、医師や看護師向けに行われていました。

死を目前にした入院患者や患者や家族により良く寄り添うために考え出されたようです。これをベースに、誰もが自然に受けられる形にアレンジしたのが「死の体験旅行®」です。


・自分が本当に大切だと思っているのは、いったいなに?

・身近ではなくなった〝死〟って、どういうものだろう?

・昨年亡くなった家族は、あの時どんな気持ちだったんだろう?



様々な理由や動機で参加される方がいます。



あなたも「自分の大切なものを」見つめてみませんか?



■期日

9月30日(木)



■時間

19:00ー21:00



■会場

SBS学苑 藤枝校



■講師

大場唯央

(大慶寺 住職/(一社)SACLABO理事)



■参加費

3,300円

(+管理運営費110円)



■持ち物

筆記用具・マスク・飲み物(必要な方)



■お問合せ先

SBS学苑 藤枝校

Tel:054-644-5103 Fax:054-641-1282




■WEBサイト https://www.sbsgakuen.com/Detail?gakuno=7&kikanno=24289

71回の閲覧0件のコメント
カテゴリー
​タグ
まだタグはありません。
アーカイブ